クレジットカード審査

「クレジットカードを作りたいのに、審査が通らない」という事があります。
中には、審査が通らなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。
クレジットカードは「し尿できる人にツケを利用させるシステム」だと思えばわかりやすいです。
信用できない人に、ツケを使わせる店はありませんよね。
クレジットカードも同じで、信用できない人には、使えないようになっているのです。
では、それはどうやって判断されるのでしょうか。

基本的に社会人になると、信用というものが必要になります。
信用と言うのは、社会にとってのステータスの様なものです。
この信用がないと、クレジットカードは使えません。
例えば、以前に支払いのことでトラブルを起こした方などは、審査に落ちることも多いです。
特に支払い遅延などを起こした方は、新たにクレジットカードを作ろうとしても、作れない場合があります。
他社で申し込んだとしても、信用情報はそれぞれの会社で共有されています。

このサイトでは、クレジットカードの審査に通らない原因について紹介します。
信用機関に一度登録されると、その人の信用度がほとんどのクレジット会社で共有されます。
つまり、支払いをA社で行わなかったとすると、B社でも使えなくなってしまうのです。
A社の信用がB社でも共有されてしまうので、信用を失う行動をするのは危険です。
そういった点についても今一度考えて行動しましょう。
クレジットカードで重要なのは「信用」です。